建て替えで仮住まいを探す

家の建て替えで、仮住まいを探す時のポイント。広さ、荷物、近さ、間取り、学校…

公式サイト ミュゼ

 

簡単なリフォームであれば居ながらにして行うことも可能ですが、家の建て替えとなると、仮住まいを探す必要が出てきます。建物を取り壊して新しい建物を建てるわけですが、取り壊した建物の撤去もありますので、それなりの工期がかかります。

 

もちろん取り壊しますので家の中のものはすべて出さなければなりません。大きなタンスやピアノがあれば、運搬だけで大仕事です。

 

建て替えによる仮住まいへの引越しは、普通の引越しとは違います。工期が長いといっても何年もかかるわけではありませんので、短期間で戻ることが前提になります。普通の賃貸住宅でも良いですが、敷金、礼金などの初期費用を考えると、必ずしもベストな選択とは言えないでしょう。

 

仮住まいを探す時には気をつけるべきポイントがたくさんあります。荷物を全部持っていくとなると、それなりの広さが必要になり、それだけ賃料も高くなります。ファミリータイプの間取りの賃貸住宅を短期間借りる、というのは現実的ではありません。

 

大きな荷物は引っ越し業者のトランクルームなどを利用し、生活に必要な最低限の荷物を持って行くほうが後々楽でしょう。それを踏まえた上で間取りや広さを決めるのがよろしいでしょう。

 

 

建て替え中の荷物預かりサービスの記事はこちら

 

 

お子さんがいる家庭なら、学校のことも考えなければなりません。仮住まいのために転校することは考えられませんので、自ずと同じ学区内の近さで探すことになるでしょう。学校に通っている家族がいなくても、自宅からは近いほうが良いです。

 

建て替え中の住まいを頻繁に見に行くことができますし、ライフスタイルの変化も最小限にすることができます。普段買物をしているスーパー、通っている病院などを考えると、せいぜい10キロ以内が望ましいでしょう。

 

10キロ以内にマンスリーマンションがあれば理想的です。マンスリーマンションは月々の家賃が割高ですが、敷金や礼金といった初期費用がほとんどかかりませんので、短期間の仮住まいに最適です。生活に必要な家具、家電がついていますので、引越しも楽です。