キュラーズの湿度管理とカビ対策

キュラーズのトランクルームは、安全管理がすごい!

快適に生活するためには、家の中をきっちりとメンテナンスしておく必要がありますよね。

 

たとえば風とおしをよくしておかないと、家の中に湿気がこもってしまいます。湿気は、家の建材そのものが傷む原因にもなりますし、そこまでいかなくても、家財道具や壁にカビが発生しやすくなります。

 

家財道具を置いてある住居空間の環境には、いろいろと気をつけたいものですが、これは、荷物を預けるトランクルームでも、同じことがいえます。
あなたが、引越しや一時的な海外への移住、住まいに入らなくなってしまった荷物をトランクルームに預けている場合、トランクルームの湿気や温度管理はどうなっているでしょうか? 気になりますよね。

 

トランクルームの大手「キュラーズ」の湿度管理・防カビ対策はどのようになっているか、見てみましょう。

 

キュラーズ全景

 

キュラーズの湿度管理・防カビ対策

キュラーズの湿度管理・防カビ対策に関しては、独自のエアーコントロールシステムを導入し、湿度と湿度をきっちりとコントロールしています。

 

トランクルームによっては、建物内の温度を下げるだけで、湿度管理をあまりしていない会社もあります。ですが、たとえ室温が低くても、湿度が上がってしまうとカビが発生してしまいます。

 

キュラーズでは、建物内の温度を一定に保つのと同時に、平均湿度も、カビやダニが発生しづらい60%以下に抑え、荷物を管理しています。

 

各フロアの温度と湿度は、セントラルモニタリングシステムにより、一括してチェックされています。もしも、あるフロアの温度や湿度に異常が生じた場合は、すぐに店舗とキュラーズの本社に異常を知らせる警告が送信されるしくみです。

 

温度を修正する際は、室温が急激に変化すると建物の壁やトランクルーム内に結露が生じ、それがカビの原因になりますから、じょじょに温度の修正を行い、カビ発生の要因を作らないように、細心の注意が払われています。

 

このほか、キュラーズでは、利用者が入るときに一緒に屋外の空気が入らないよう、エントランスに風除室を設置したり、窓に断熱材を取り付けるなどして、建物外の温度や湿度の影響を受けないようなくふうも行われています。

 

こうした設備によって、キュラーズのトランクルームは、24時間365日、預けている荷物にとって最適な環境を維持しているのです。

 

これなら長期保管による荷物の劣化も心配がありませんね。

 

 

キュラーズのセキュリティは?

もちろんセキュリティ・防犯機能もしっかりとしています。

 

いちばん心配なのは、不審者が入り込んで勝手にトランクを開けてしまうことですが、キュラーズでは

 

  • セキュリティカードと暗証番号による入退館
  • エレベーターの制限
  • セキュリティカメラによる監視
  • スタッフの巡回

 

と、契約者以外はトランクにさわれないように、何層にも防犯対策がとられています。

 

まず、建物に入るときは、キュラーズのトランクルーム専用のセキュリティカードと暗証番号がないと開錠ができません。建物を出るときにもセキュリティカードによる開錠が必要です。

 

防犯システムを解除することができない場合は、すぐに警備員がきますので、不審者が活動することはできません。

 

また、建物内はエレベーターで移動することになりますが、エレベーターは、契約しているトランクがあるフロア以外には止まらないように、制御されています。

 

キュラーズ入り口

 

収納スペースの鍵はどうなっているでしょうか?

 

現在では、通常のシリンダー錠のほかに、セキュリティーカードで施錠を行うようになっていたり、施錠・開錠を本人認証によって行うシステムなども多くなっています。

 

キュラーズの収納スペースは、シリンダー錠ではなく南京錠でロックするシステムです。契約者ごとに異なる南京錠が渡されますので、シリンダー錠のように合鍵を作られる心配もありません。

 

天井に関しても、天井から不審者が侵入することができないようにメッシュ状の天井をつけるという対策をとっています。そうすることで、倉庫内の換気を妨げずに、不審者の進入や盗難を防止しているのです。あらゆる面から利用者の安全が考えられた工夫ですね。

 

そしてなんといっても、キュラーズは、ALSOK(総合警備保障)と提携しています。

 

ALSOKに依頼することで、不審者が入ってきてもすぐに通知することができる点と、警備員が駆け付けてすぐに対応してくれるため、万が一不審者と対面することになっても身の安全をしっかりと守ってくれます。

 

ここまでの安全管理ですので、大切な物を預けても安心です。

 

盗難、火災などがあった場合の、保険・補償

丁寧なセキュリティ対策にもかかわらず、預けていた荷物が盗難に遭うということは、ないとはいえません。また、火災で荷物が損害を受けることも考えられます。

 

盗難・火災については、キュラーズでは収納スペースひとつひとつに、損保ジャパンの盗難保険と火災保険がかけられています。保険の加入料はキュラーズで負担しますので、料金に上乗せされることはありません。

 

支払い限度額は以下のようになっています。収納スペースの大きさによって異なります。

 

  • BOXサイズ……200,000円
  • Sサイズ(0.4〜0.8畳)……400,000円
  • Mサイズ(1〜1.6畳)……600,000円
  • Lサイズ(2〜3.3畳)……800,000円
  • XLサイズ(4〜6.5畳)……1,000,000円
  • XXLサイズ(8畳以上)……1,200,000円

 

ただし、貴金属や現金、自動車、食品など、補償の対象外になっている荷物もあります。

 

 

キュラーズを契約するときの流れと、料金

キュラーズのトランクルームを契約したい場合は、まずは店舗に見学の予約を入れます。これは電話、またはキュラーズのホームページから予約することができます。

 

スタッフの案内で店舗内や収納スペースを実際に見学し、説明を受けて、利用を決めたら、契約になります。これだと、契約してみたらイメージと違った、というリスクがないですね。

 

契約には、

 

  • 身分証明書
  • 携帯電話
  • 現金またはクレジットカード
  • 月々の支払いを口座振替にしたい方は、銀行のキャッシュカード

 

が必要です。

 

ちなみに、キュラーズのトランクルームは、外国籍の方も利用することが可能です。その場合は、在留カード、または特別永住者証明書のいずれかを持参してください。

 

初期費用と支払い方法について

契約時には、以下の初期費用がかかります。

 

  • 利用開始月の日割り分の料金
  • 翌月の利用料
  • セキュリティカードの購入代金( 2,300円(税抜))

 

契約金や管理費などは不要です。これらの料金を、契約するときに現金またはクレジットカードで支払います。

 

現金やクレジットカードが利用できるのは、初期費用を支払うときだけです。翌々月の利用料金からは、口座振替または銀行振込で支払ってください。

 

契約の流れ。最初にトランクルームの見学予約をするのが特徴的

 

契約の流れ

 

利用料金

キュラーズの収納スペースは、比較的小型のロッカータイプから、中型〜大型のクローゼットタイプまで、サイズを細かく選択することができます。

 

サイズと収納目安、料金を一覧にまとめましたので、参考にしてください。

 

タイプ サイズ 利用料金 / 月
BOXタイプ
  • 扉幅0.85×奥行0.5〜0.7×高さ1(m)
  • ダンボール箱6個まで
  • 書籍、書類、CD矢レコードなど
2,900円〜9,100円
0.5〜0.8畳タイプ
  • 扉幅1×奥行0.7〜1.3×高さ2(m)
  • ダンボール箱24個まで
  • スキー、スーツケース、パソコンなど
6,200円〜19,900円
1〜1.6畳タイプ
  • 扉幅1×奥行1.5〜1.9×高さ2(m)
  • ダンボール箱48個まで
  • ゴルフバッグ、季節家電、衣類など
10,400円〜30,900円
2〜3.3畳タイプ
  • 扉幅1×奥行2.2〜2.6×高さ2(m)
  • ダンボール箱156個
  • オフィス用品、イス、パソコンなど
17.500円〜58.300円
4畳以上タイプ
  • 扉幅1×奥行3〜4.1×高さ2(m)
  • ダンボール箱240個以上
  • 大型の家具・家電、家財道具一式など
32,100円〜104,100円

 

ダンボール箱は、ミカン箱くらいの大きさと考えてください。

 

タイプごとのサイズと料金をざっくりとまとめましたが、実際は1つのタイプがさらに3〜4サイズに分かれており、料金はサイズによって細かく設定されています。

 

店舗によってサイズのバリエーションや、1ヶ月の使用料金が少しずつ異なっているので、利用する際は注意しましょう。キュラーズのホームページから利用予定の店舗の個別ページに行き、料金や利用可能サイズを確認するようにしてください。

 

ちなみに、料金は首都圏や大きな都市にある店舗は比較的料金が高く、地方になると下がる傾向があるようですね。

 

また、容積の目安としてダンボール箱の個数を出していますが、これはミカン箱くらいの大きさのダンボールと考えてください。

 

キュラーズは長期保管に最適な条件がそろっていますが、最短利用期間は、1ヶ月からの短期利用も可能と敷居の低さも魅力です。

 

敷金・礼金なども一切かかりません。キュラーズは最小限の費用で気軽に利用できるトランクルームだといえるでしょう。短期間の引越しと、引越しの間の荷物預かり。あるいは、建て替えやリフォーム。そんな使い方もできそうです。