アート引越センターのエコ楽ボックス

家の建て替えやリフォームでも活躍のサービス!

家の建て替えやリフォームで、仮住まいに引越し。普段生活する食器や衣類は仮住まいに持っていきますが、季節家電や今すぐ使わないものは引越し業者の預かりサービスを利用してトランクルームへ運ぶことになります。

 

この預かり荷物は、どのくらいの期間保管するかによっても梱包方法は変わると思います。半年など長い場合には、湿気対策なども必要になる場合もあります。

 

では、仮住まいに持っていく荷物の梱包はどうでしょうか。この梱包って以外と手間がかかります。とくに食器は一つ一つくるんだり、箱に詰めるときに神経使いますし、丁寧にあつかあないといけないですし、入れる順番も気をつけないといけないしで、とても大変です。

 

また、荷解きも大変。包んだものを一つ一つ開けて、重ねて、片付ける。また、梱包資材の片付けも大変です。しわしわになった梱包用の紙、かさばりますしね。少しでも荷造りや荷解きにかかる時間を節約したい人を対象として、アート引越しセンターでは新リユース引越し素材「エコ楽ボックス」というものがあります。

 

エコ楽ボックス

 

この「エコ楽ボックス」は引越し作業で特に大変な食器の荷造り、荷解きの負担を軽減してくれるというものです。さらに環境にも配慮したボックスというのもポイント。エコ楽ボックスは紙資材を一切使用していません。食器をそのまま梱包できるため、引越し時のゴミを減らすだけでなく、荷造りや荷解きにかける時間を省くことができて、荷造り、荷解きがとても楽になります。

 

このエコ楽ボックスは、年配の方から子供まで、どんな人でも負担が少なく食器の梱包ができるように開発されており、しかも再利用が可能。地球環境にも優しいですし、無料レンタルなので、お財布にも優しいです。

 

とにかく仮住まいへの引越しは、色々忙しいタイミングかと思いますので、エコ楽ボックスは助かります!